ITエンジニアになるには

フリーエンジニアになるには、自社でエンジニアとして数年経験を積むとスムーズという話を聞きます。
なので、エンジニアを目指すところからイメージすると良いと思います。
新卒からとなると、エンジニアの資質(人脈・営業力・人柄・知識)が未熟ですので社会にもまれることから考えるといいのでしょうね。

就職活動を控えている方や、現在就職活動中の方には、IT業界を目指している方も多いのではないかと思います。
厳しい、ブラックだ、と言われやすい業界ですが、やはり手に職を持てる職業は、需要もありますし、また憧れを抱く方も多いでしょう。
数年後の未来をしっかり見据えることをおすすめします。目標をもった上で仕事を選ぶのはとても建設的な考えであり、成功への一歩だと思います。

では、新卒でエンジニアになるにはどうしたらいいのでしょうか。

当然ながら、一般的な採用面接を受ける必要があります。
その会社がどのような特性を持っているのか、大企業以外は分かりづらいので、積極的に説明会に行き、そこから業務内容や雰囲気を掴みつつ、「御社で働きたい」という理論を組み立てましょう。

自分はプログラムを知らない、理系ですらない、という人も悲観する必要はありません。
新卒に問われるのは適性であって、それまでの経験だけで推しはかることは滅多にありません。
エンジニアはコミュニケーションが苦手という方も多いので、そういった方々と問題なくチームとして働けるかといった点や、今まで知らなかったことに対する理解力や意欲が重視されます。

最後に、蓋を開けてみるとアプリや開発ではなく、インフラ(基盤)や運用の仕事を任されることがあります。ITを問わず、どんな仕事でも同じではありますが、特に専門でプログラミングを学んでいなかった新卒の場合、希望通りの分野にはそうそう付けません。
希望していた仕事が不況などで縮小してしまうこともあれば、その個人の適性を見極めてのこともありますので、決して腐ることなく、その現場において求められていることが何かを考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です