どのように要望にこたえるか

フリーエンジニアになった過程を辿ると、プログラマ出身という話を聞きます。

エンジニアは、プログラマへ細かい開発を依頼します。頭の中で描いたシステムをあうんの呼吸で構築していく相棒が必要不可欠。だからエンジニア意自信のセンスが仕事の魅力にもつながっています。

最初から最後までを一人で作業する事も昔では当たり前でしたが、Webサイトの複雑化に伴い、それぞれの得意分野をもったスタッフで作り上げていくようになりました。
プログラマからシステムエンジニアになる人は多いのですが、ディレクターになる人は少ないようです。
デザイナーからディレクターへという人が多いのでしょうか。
ですがこれからWebサイトが益々複雑化するようであれば、プログラマ出身のディレクターも需要が増えそうです。

ディレクターとしてクライアントと打ち合わせをする時に大切なのは、クライアントがどのような効果を期待しているか、ということ見極める事です。
その期待に対して希望するWebサイトが効果的かどうかの判断をしなくてはいけません。

集客の出来るサイト、販売の出来るサイトとなると様々な条件があります。
デザインや色彩も男性と女性とで好みが違います。クライアントの望むデザインが、必ずしも対象顧客を惹きつける事に繋がるかどうかの判断が必要です。
商業デザインはファッションのデザインとは違い、センスなどよりもテクニックが要求される事が多いようです。
最新のソフトや情報をいち早く取り入れる俊敏さも必要かもしれません。

デザイナー系のディレクターに比べてプログラマ系のディレクターは「センスがない」「やぼったい」と思われがちですが、このように集客であったり、またサイトを訪れた顧客が購入に結び付くように安心や信頼を得られるような分析、心理についてはプログラマ系のディレクターの方が優れているかもしれません。

デザインについては勉強するしかありませんし、サイトへの誘導や販売についても勉強しかありません。
常に新しい情報に敏感になって、挑戦し続ける力も必要ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です